不倫をやめようと思う瞬間

恋愛には様々な形がありますが、その中でも不倫ほど自分や相手、周りの人間に悪影響を及ぼすものはありません。
不倫の真っただ中にいる時期は人には言えない秘密の恋愛をしている自分に酔いがちですが、ひとたび目が覚めれば不倫をやめると決意する瞬間はたくさん訪れます。
例えば周りが幸せな恋愛をしているときにそう思うことは多いでしょう。
周りの友人や知人は恋人同士誰にはばかることなく大手を振って外を歩くことができますが、不倫している自分は誰かに見つかったらどうしようという後ろめたさから人目を忍びがちになります。
また周りに恋人として紹介することも難しいため、秘密にしなければならない場面が増えてきます。
いくら自分たちは幸せな恋愛をしていると思い込んでいてもそれはまやかしの姿で、結婚というゴールにたどり着くことはできない不毛の道です。
周囲から祝福される恋人同士になりたいと考えた時はお互いの関係をやめるのに良いタイミングだと言えるでしょう。
また、関係が相手の奥さんにばれてしまったときもやめるのに良いタイミングです。
不倫をしていると相手の奥さんから損害賠償を請求される恐れもあり、親や兄弟、友人らに知れ渡ると人間関係にひびが入る恐れもあるため早々に関係を執着に向かわせたほうが良いでしょう。
別れを決意した直後は悲しさや寂しさがついて回りますが、それらは時が自然と解決してくれるため、ぐっとこらえて関係をやめるのがおすすめです。
女性の場合は妊娠や出産のタイムリミットがぎりぎりになってくる年齢も不倫をやめるのに良い時期だと言えます。
若いころは子供なんて欲しくないと思っていても、年齢を重ねたり考え方に変化が生じれば妊娠や出産を希望する考えに代わることもあります。
いざその時になって既にタイムリミットを超えてしまったり、不妊治療をしなければ受精できないという問題に直面する場合も十分考えられるため、ある程度の年齢に達する前に不毛な恋愛はやめようと決意すると良いでしょう。
このような関係はお互いに何の責任も持たなくてよいため、居心地がよくだらだらとした関係が長引く傾向にありますが、結果的には誰も幸せになれない悲しい恋愛であるため、早めにやめようと思うことが大切です。
幸せな恋人同士を見つけたり、自分のこれからの人生についてきちんと考えようと思ったときには相手との関係性をストップさせる良いチャンスとして一大決心をしてみると良いでしょう。