不倫相手と再婚して幸せになれるの?

現在進行形で家庭を持った相手や自分自身が家庭を持っているといった不倫恋愛をしているような場合、その関係が長く続くほどに気になってくるのが、もしも、相手や自分が離婚をした後に再婚となった場合、幸せになれるのかどうかということでしょう。
ここで知っておきたいのが、不倫恋愛をした末に再婚となったカップルのおよそ8割が破局を迎えているという事実です。
どれだけ大恋愛をした末の再婚であっても、8割ほどの夫婦が破局を迎えるということは、幸せになれないと考えてしまうことでしょう。
しかし、残りの2割のカップルは幸せに暮らしていることを考えれば、必ずしも、不倫相手との再婚が不幸な結果になるというわけではありません。
ただし、幸せに暮らしているカップルには特徴がありますので、その特徴に自分たちの恋愛があてはまっているのかどうかを一度、考えてみるとよいでしょう。
まず幸せに暮らしているカップルの特徴として最も多いのが、不倫相手と恋に落ちる前から夫婦関係が破綻していたというケースです。
この場合、本当なら離婚をしていてもおかしくない状況でありながら、なんらかの理由や踏ん切りがつかずに結婚生活を送っていたといえますので、本当に心が安らげる相手と出会った時に離婚をして、その相手との新たな生活を考えるという決断に至りますので、次の家庭では幸せに暮らしているケースが多いのです。
一方で特に家庭に不満のない人が、気まぐれで不倫をしたような場合、その相手と新たに結婚をしても同じような事を繰り返す可能性が高いため、幸せになれないことが多いのです。
また幸せに暮らすカップルのもう一つの特徴として、離婚をしてから再婚までに十分な期間をあけていることが挙げられます。
日本では不倫相手との結婚イコール略奪婚というイメージを持つ方が多いため、離婚後すぐに結婚をすると非難の的となってしまいやすく、祝福されない結婚となってしまいます。
こうした結婚をしてしまうと、その時の悪い印象がお互いに残ってしまい、次第に後悔の念を抱いてしまいやすくなるのです。
また勢いで結婚してしまったことから、失敗したと感じるようになることも珍しくありません。
このような失敗を防ぐためには、離婚をしてから1年から2年程度の期間をおくことが重要なのです。
この期間の間も変わらない恋愛関係を続けていたということから、ただの出来心からくる関係ではないと周囲の目も若干、変わってくるはずですので、祝福こそされないかもしれませんが非難の的となる可能性も少なくなるといえるのです。
このように幸せに暮らしているカップルの特徴を知っておけば、自分たちが今している恋愛が最終的にどのような未来につながるのかを想像しやすくなるはずです。
恋愛は自由なものですが、本当に幸せになれる相手なのかどうかを一度考えてみることも大切なのです。