なぜ旅行に行くと喧嘩しやすいのか

海外や温泉に、旅行に出かけたカップルは旅先で喧嘩をしやすい、というジンクスがあります。
似たようなものに有名な遊園地にデートに行ったカップルは破局しやすい、というものがありますが、こちらは単純に訪れるカップルの数が多いため、特に場所やシチュエーションが原因で喧嘩をしやすいわけではありません。

一方で旅行に行くと多くのカップルが現地で口喧嘩をしてしまったり、些細な勘違いから険悪なムードになりやすいです。
こちらのジンクスは遊園地デートの法則とは違い、信ぴょう性がある程度、あります。

その理由ですが、いわゆる旅先では恋愛をしている相手の本性が出てしまいやすいためです。
本性という表現は語弊があるかもしれません。
しかし、普通に都会の街中でデートを楽しんでいた時とは対照的に、海外や温泉地といった郊外の場所に出かけると、普段は見られない相手の意外な一面がちらりと現れます。

もちろん、良い意味でギャップがある一面が見られる事も多いです。
草食系だと思っていた彼氏が海外の土地では頼もしくガードしてくれた等、良いサプライズもあります。
ただし、旅先という想定外の事態がしばしば起きるシチュエーションでは、悪い意味でのギャップが出やすいです。

混雑している旅先のレストランでは食事がなかなかテーブルまで運ばれてきません。
そんな時、普段は温厚な彼氏が彼女に良いところを見せようとして、多忙な店員さんを怒鳴りつけてクレームを言う等、悪い意味でのギャップが唐突に出て来ます。
海外や温泉地などは都会のようにスケジュール通り、完璧に物事が運ばない事も多いです。

几帳面で真面目な男性はついつい、時間の遅れについて執拗にシビアになってしまい、弱い立場に置かれた現地のスタッフに突っかかる事がありますが、その変貌ぶりを見せ、女性が逆にスタッフを弁護し、それが更に男性のいら立ちに火をつけてしまい、最初は単なる旅先のトラブルが、いつの間に恋愛のもめ事に発展してしまいます。

また普段、都会だと几帳面で真面目な女性が旅先の温泉地や観光地では妙に大はしゃぎして、幼稚な言動や行動を繰り返し、その姿に驚いてしまう男性陣もいます。
温和で真面目な女性だと思っていたのに、少し子供っぽい態度があってドン引きした、旅先では普段と違って行儀や言葉遣いが悪くて驚いた等、恋愛する相手の意外な顔を見せられてしまい、それを指摘した事がきっかけで、口喧嘩に繋がるパターンもあります。

普段とは違う一面が見られる事は良いですが、旅先という良いも悪いも違ったシチュエーションだと、テンションが男女双方とも高くなってしまい、いわゆる普段の自分とは違った面が出やすくなります。
特に男女双方とも「旅の恥は掻き捨て」の気持ちが強く出過ぎると、恋愛の失敗に繋がりやすくなりますので、海外や温泉地といった特別な場所だからこそ、ある程度、自重した行動を心掛けなければいけません。