元カレに貸したお金が返ってくる確率

恋愛中の相手には心を許しているので、相手が困っている時には助けたいと思いますし、お願いをされればいう事を聞いてしまうこともあります。
いくら恋愛中でもお金の貸し借りはできるだけするべきではありませんが、それでも相手が困っているのであれば、お金を貸してしまう事もあるでしょう。
少額を貸した場合にはt着の給料日に返してくれる人もいますが、大きなお金を貸した場合にはなかなか返金をされない事もあります。
それでもこのまま結婚をするのであれば、返してくれなくてもいいと思ってしまいがちですが、そのまま結婚できなかった場合には大変です。
彼にお金を貸したまま別れるとなれば、貸したお金は返してもらわなくてはなりません。
元カレにお金を貸した状態で別れた場合、借金が帰ってくる確率はどのくらいあるのでしょうか。
これは残念ながらかなり確率は低いと考えておいた方がいいでしょう。
恋愛中には相手も自分のことを好きだと思ってくれていれば、いつかは返さなくてはと思ってくれていたとしても、別れた後となれば、恋愛感情もなくなっているはずです。
そうなるとこのまま会うこともないのであれば、踏み倒してしまおうと思う人も多いですので、返ってくる確率は低くなります。
額が多ければ少しでも取り返したいと思いますので、元カレに連絡を取って返してもらおうとしたとしても、返金されるのは難しい事が多いでしょう。
何とか会うことが出来たとしても、結局はお金を持ってきてくれずに嫌な思いをするだけになる場合もありますので、ある程度のところであきらめも必要になってきます。
別れた後に何度連絡をしても取り合ってもらえなかったり、会うだけ会っても返してもらえないのであれば、元カレに使う時間がもったいなくなってしまいます。
あまりにも返してくれないのであれば、高い勉強代だったと思うようにして、スパッと彼とは縁を切るくらいの気持ちでいたほうが、自分のためになるはずです。
いつまでもお金を返してほしいからと彼と連絡をとりつづけていれば、次の恋愛にも発展しにくいですので、自分のこれからの人生のためにも、彼と縁を切る覚悟が必要です。
彼にお金を貸してこなかった場合には、別れる前に返金をしてもらうようにしたり、最初から貸さないようにするなどしていきましょう。
返金をされなかった痛みを次の恋愛に生かすようにすれば、一歩成長することが出来、これからの人生のいい教訓にしていく事が出来るはずです。