執着してくる元カレを振り切る方法

別れてしまった彼とはもうあまり関わりたくない、と思う女性は多いことでしょう。
別れたのなら、よりよい恋愛を求めて新たな気持ちになりたいですよね。
しかし中には、切り替えができずにこちらに執着してくる元カレだっています。
そんな元カレを気持ちよく振り切るためには、どうすれば良いのでしょうか。
元カレが執着してくるということは、そのカレにとって女性側に魅力があり、未練が残っているということです。
また、別れることやその理由に納得がいっていないこともあります。
執着はエスカレートするとストーカーにもなりかねませんから、一大事になる前にきちんと話し合うことが大切です。
カレが女性側に魅力を感じていて、それを手放したくないという場合は、何がカレを惹きつけているのか把握するべきです。
容姿や性格、金銭など恋愛感情やそれ以外にも理由があるのかもしれません。
恋愛感情以外であった場合、カレの側も打ち明けづらいことがあるので、こちらから上手く引き出し探ってみましょう。
恋愛感情であってもなくても、女性側にもう愛が無いのであれば、きちんとその旨を伝えるべきです。
お付き合いをするなら、相互に愛がなければ相手に対して失礼に値します。
自分がそう思っているということを相手に納得してもらいましょう。
一方的に「あなたのことが好きじゃなくなったから」とこちら側の主張ばかりしても、相手の納得は得られません。
カレの主張も聞きつつ、お互いの感情が結びついていないということを理解してもらうのです。
元カレが別れることやその理由に納得がいっていない場合ももちろん話し合いが必要ですね。
相手も冷静に応じてくれるようなら双方が納得するまで、きちんとお互いの感情や意見を話し合いましょう。
こちらが冷静でも相手が動揺していてとても話し合いにならないような時は、一人で対処するのは危険です。
日を改めたり第三者の付き添いを得たりして、冷静な場を設けましょう。
できることなら、お互い納得した上でスッキリ別れるようになるためです。
どうしても身に危険が及びそうな時には、無理に話し合いをする必要はありません。
逃げるということは恥ではないからです。
頼れる第三者に助けを求め、元カレには会わないような体勢を整えましょう。
実際に顔を合わせないようにするほか、着信拒否やメールアドレスの変更、そしてSNSも可能なら一旦アカウントを休止するべきです。
元カレの生活に、こちらの存在を一切匂わせないぐらい遮断します。
突然の遮断にカレが動揺して怒ってしまう場合もありますが、そのためにも第三者の味方が必要です。
また遮断されたことで少し頭を冷やすことができる場合もあります。