SNSで元カレを検索してしまう病

現代はSNSがとても普及していて、やっていない人の方が少ないのでは?と思うほどです。
しかも相手に知られることなく誰でも簡単に検索できてしまうので、気づけばあの人を検索していたなんてこともよくありますよね。
SNSはメリットもデメリットもあることをみなさんご存知ですか?メリットといえば昔の友人と簡単に連絡をとることができたり、気軽に情報交換したり世界の人と繋がることもできるなどたくさんあります。
使い方によっては本当に便利なツールで、現代生活では欠かせないものの一つになっています。
もちろんデメリットもあります。
簡単に人を調べることができるようになってしまった点です。
これデメリットなの?と思われる人もいるでしょうが、恋愛ではデメリットの方が大きいかもしれません。
みなさんも一度はやったことがあるのではないでしょうか?SNSで元カレの名前を検索してしまう行為です。
ちなみに私は結構やっています。
もう病気なんじゃないかって思うほどです。
一回検索したらそれで終わりじゃないの?って思われるでしょうが、ここに大きな落とし穴があるのです。
まず私の場合、元カレの中でも検索したい人としたくない人に別れます。
大恋愛した人は検索したい人、恋愛感情があまり強くなかった人は検索しなくてもいい人に分類されます。
ちなみに友人は全員検索したと言っていたので、ここは人によって様々かもしれません。
私が元カレ検索してしまう病にかかった原因は、見つからないという点にありました。
色々なSNSで検索しても登録が見つからないのです。
あまりにも見つからないので余計に知りたくてしょうがなくなってしまったのです。
もしかして何かあったのかな?とか婿養子になった?とか色々考えたりもしたのですが、ただ登録していないだけという可能性が濃厚です。
お付き合いしていた時も一切やっていなかったので、そういう考えの方なんですね。
検索して見つからないのだったらそこで終了と割り切ることができればいいのですが、大恋愛をした相手だと自分の中で元カレが美化されてしまっているのでそれも難しいのです。
いつか登録するのではと考えてしまい、定期的に検索してしまう病にかかっています。
ですが元カレがSNSを頻繁に更新するような人だったら、きっとお付き合いもしていなかったんだろうと思います。
検索しても見つからないところも、自分の中で余計に感情が高ぶってしまう原因の一つなのです。