どうしても都合がつかないときの記念日デートの断り方

記念日デートは絶対に逃したくないところですが、どうしても都合がつかない場合には、色々と言い訳を考えて断ることがあるはずです。
この断り方を間違えてしまうと、相手の感情を逆なですることになりますが、上手に切り抜ける方法はあります。

単純に断るだけであれば、恋愛関係に悪い印象を与えることは避けられません。
こうした問題を避けるためには、言い訳や文句を挟むような余地を作らせないことが大切です。
この理由ならば諦めても仕方ないという状況を作ることで、次の記念日には同じようにデートに出かけられるようになります。

風邪などの病気を理由にすれば、相手も無理強いすることがなくなり、互いの恋愛関係も保たれます。
仮病を使うことに抵抗を覚えることもありますが、他に選択肢がない場合には仕方ありません。
病気を理由にするときには、申し訳ないという気持ちを伝えて、逆に心配されるような境遇になることが理想です。
あまりにも重い病気であることを伝えると、逆に問題になるため、仮病を使う際には十分に注意してください。

嘘をつかずに、正直に本当のことを話すこともよい断り方になる場合があります。
嘘が大嫌いな相手に対しては、この方法を使うと有効になることでしょう。
記念日には絶対に外せない予定があり、デートよりも重要なことを正直に伝えればよいのです。
こうすることで、結果的には恋愛の気持ちが減退することがなく、お互いの気持ちもすっきりした状態で交際を続けられるようになるわけです。

彼女とのデートを断る際には、会社関係の事情を理由にするのも賢い断り方です。
記念日には上司との付き合いがあり、こちらのほうに出席しなければ出世に影響するという気持ちをさりげなく伝えましょう。
こうすると、彼女の側も応援したいという気持ちになり、断っても嫌な気持ちが残ることがなくなるはずです。
同僚との飲み会の場合には意味合いが変わってきますが、このケースでも上手に説明すれば、恋愛関係を保てるようになります。

断り方は様々で、中には相手に嘘を伝える方法もありましたが、相手の気持ちを傷つけるようなことはしないほうが懸命です。
仮病を使う場合であっても、嘘も方便と言える範囲で使うことを心がけましょう。
総括すると正攻法と変則的な断り方がありますが、どれを選ぶかは相手次第です。
相手の気持ちを常に洞察することで、どの方法を使えば最良の結果になるかを判断できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です